相続税の特徴

スポンサード リンク

相続税とは、相続したことに対する税金であり、遺産の一部は世の中に返さなければならないという考えから、相続税の制度があります。

つまり相続は遺産の社会的配分であり、死者の身内に配分されると共に、一部は社会へ還元されるのが相続税です。

そして相続税の課税対象となるのが、相続・遺贈・死因贈与で取得した財産です。

また生命保険・郵便年金や、死亡後の退職金・功労金も相続税の課税対象となり、死者の財産でなかった分なので、みなし相続財産といわれます。

なお相続開始前3年以内に贈与を受けていた場合、相続人または遺贈を受けた者は、贈与を相続財産に入れて計算しますが、贈与税の分を相続税額から差し引くことができます。

また債務や葬儀費用などの額は、相続財産から差し引かれ、墓所・霊廟・祭具などには相続税が掛かりません。